携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

[TeamR-Typeトップページへ]

SD/CCWコースレギュレーション2017年度版

◆SD(SelfDefense)/CCW(Concealed Carry Weapon )コース基本理念

・SD/CCWコースは極端なタイム競争や、順位・成績の誇示が目的ではありません。

・セルフディフェンスやコンシールドキャリーに必要となる銃や装備の、安全な使用方法と現実的で熟練された技術の習得を目的としています。
・長物やオープンキャリーでも参加可能
・長物やオープンキャリーの場合、ダットサイト等の光学機器も搭載可能

◆銃口の安全管理

銃口より前方は常に危険です。シューターは必ずそれを念頭に置き、銃口を安全な方向へ向けなくてはなりません。

通常、SD/CCWコースではコースデザインによってこの安全規則を厳守するよう配慮されています。

◆レンジコマンド

射撃の前と後に指定の号令があります。

1. Load and make ready (装填・準備をしてください。(Start signal(ブザー音)後に装填する場合もあります。)

2. Shooter ready (準備を完了してください。

3. Standby (開始に備えてください。

Start signal(射撃開始)



When you finish(射撃終了)

1. Unload and show clear (銃から弾を抜き、安全になった事を周囲に知らせてください。

2. Slide down or cylinder closed (スライドを閉鎖してください。

3. Hammer down (ハンマーを落としてください。

4. Holster (ホルスターに絞まってください。

5. Range is safe (レンジの安全を確認しました。

◆射撃中に必要に応じて発されるコール

・Finger/移動など撃つ時以外に、指がトリガーに掛っていると発せられるコールです。

・Muzzle/銃口が安全な場所以外へ向いてる時に発せられるコールです。

・Stop/射手及び周囲にとってひどく安全ではない場合、射撃を中止させる為、発せられるコールです。

・Cover/カバーを指定される箇所において、行っていない時発せられるコールです。

・Move/移動射撃を指定される箇所において、左記射撃を行っていない時発せられるコールです。

◆指示された行為に対するエラー(Procedural Error)

(3秒の加算)

・指がトリガーガードの中に入っている

・カバーが適切に行われていない。これは1箇所につき1回のペナルティが加えられます。
2箇所で2回の警告を受ければ、2回分のペナルティ(6秒)の加算となります。

・要求されているリロードをしない。これは1回の指示違反につき1回のペナルティが加えられます。
2回行って2回の警告を受ければ、2回分のペナルティ(6秒)の加算となります。

・弾が装填されたマガジンを落とした場合。これは射撃中どんな場合においても弾が装填されたマガジンを落としてしまうと3秒のペナルティが追加されます。

・弾が装填されたマガジンを落とした後、これを回収せずに射撃を終えた場合。

・要求されているコンシールの(銃を隠す)場所からドローしない場合。

・要求されている移動射撃をしない場合。

・要求されている射撃規則にしたがわない場合。

◆スポーツマンシップに違反する行為(Failure To Do Right)

(20秒の加算)

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2